LRG_DSC09951.JPG

育成・手話・芸術​

​について

演劇モノクロ.jpg
美術モノクロ.jpg
映画モノクロ.jpg
" ろう者・難聴者の表現者育成の場"

近年、障害当事者の活躍により、「障害」がある方々の芸術活動に関心が高まりつつあります。しかし手話通訳等の情報保障や系統だったメソッドが確立しておらず、ろう者・難聴者が芸術一般について学べる場がきわめて少ないのが現状です。

 

そこで2018年度より演劇・映画・美術それぞれの部門で芸術文化にかかわる人材を育成する、その成果を社会に共有していくことを目的に、トット基金を母体に日本ろう者劇団、東京ろう映画祭実行委員会、美術に関わる方々が協働する形で育成×手話×芸術プロジェクトが生まれました。

多くのろう者・難聴者がさらに学びを深められるよう、一流アーティストとの協働を進めていくとともに、ろう者当事者から創発する芸術をより育てていきます。

 

今年度も引き続き「令和4年度障害者等による文化芸術活動推進事業」の採択事業として、ろう者・難聴者の表現者もしくは表現活動に関心を有する方々に多様な学びの場を提供し、スキルアップに重点をおいた育成事業を中心に展開していく予定です。