「ろう者のための美術鑑賞ワークショップ 活動報告動画」を公開しました

スクリーンショット 2020-08-23 11.37.30.png

この度、2020年度「アートを通して考える2」の事業内にて実施した、横浜トリエンナーレ組織委員会との共催企画「ろう者のための美術鑑賞ワークショップ」の活動をまとめた動画を公開しました。

 

この動画では、全国から集ったろう者・難聴者がヨコハマトリエンナーレ2020にて展示された作品4点について発表・議論する様子やろう者のための美術鑑賞ワークショップの考察をまとめています。

10代から40代の参加者が議論した内容が、作品への新しい考察として見所の一つとなっています。

30分と長い尺ではありますが、ぜひご覧ください。

 

※全て日本語字幕を付与しています。

ただし、ろう者・難聴者が話している部分は無音、聴者が話している部分は音付きとなっています。ご了承ください。